ハワイ伝統植物、Halaハラのご紹介♡

皆さまAloha!

ハワイの植物、Halaハラをご紹介します♡

ハワイの植物は、固有植物 伝統植物、他、外来種にわかれます。

ポリネシアンが来るまでハワイ諸島には、人が住んでなかったそうです。ポリネシアンがハワイを発見した時、すでに生息していた植物は、ハワイ固有植物。ポリネシアンが来た時にカヌーに積んでハワイに持ってきた植物を伝統植物。

それ以降、ポリネシアン以外の欧米などからもたらされた植物は、外来種。プルメリアは実は外来種。

伝統植物のハラは、フラの女神ともいわれるKapoカボが宿り、カボのキノラウ(化身)と言われます。カポは、ハラのレイを良くつけていたそう。

カボは、フラの女神Lakaラカの姉(母説もあり)。ラカは、フラの女神でもあるカボから、フラを学びウニキ(卒業)したといわれます。

ハワイで、ハラを海辺でよく見ました。海辺だけでなく色々な場所でも見ることができ、沢山の写真がありますので、アップします。

この写真は、オアフ島リリウオカラニ女王が愛したリリウオカラニガーデンのハラ。

別名、タコの木と呼ばれるように、幹の下部がタコの足のようデス。

下の写真は、マウイ島ハナの海辺のハラ。天国に近い場所と言われる景観に、ハラの葉が美しく風に揺れてました〜

なかなかお花を見る機会がなかったのですが〜やっと、ハワイ島コナのフリへエパレスでお花に出会えた時の写真です。探していた分、出会った時の嬉しさがあります♡

お花は、ヒナノといいます。白くて甘い香りがして恥ずかしそうに下を向いて咲きます。

上は、ハラの実です。緑からオレンジになります。下は、以前レイメイキングの先生のご自宅でハラの実とラウアエなどの葉でレイを作らせていただいた時の写真。実を取って、カッターで星のように切ってレイに使いました。

下の写真は、ハワイ島ヒロに浮かぶ島、MokuOlaのハラの木の下に落ちていた実や葉。古代ハワイアンは、ハラの実の先を筆のように使って、カパ(木をのしたもの)に模様をつけたり〜使っていたそうです。

ハワイの人は木から葉を取って乾燥するのではなく、木から落ちて乾燥した葉をつかいます。木へのリスペクトです。植物を大切にしながら関わるハワイアンのマインド。大事にしたい学びの1つです。

古代では、ハラは不漁や不運を表していた時もあったそうですが、今は、運が悪くならないように、出発、出店、卒業、退職などの記念や節目でハラのレイを贈るそう。

また頑丈で、古代の家づくりの材料になり、日用品も多く、マット、籠、装飾品などに使われていたそう。

私も、敷物、入れ物、バングル、イヤリングで愛用しています♡

何日か前に、ハラの葉でイヤリングを作りました。アップしま〜す♡

ハワイで買ってきたラウハラをバケツで水につけてから〜自作のラウハラカッターで細くカット~。ダンボール敷いて下に傷がつかないように。もうすぐハワイ島から買う事ができそうですが、手作りカッターけっこう綺麗に切れます(^^)

久しぶりだったけど〜手が覚えていてスムーズに編めました~♡

無くした時用の予備も入れて3つ。

余分をハサミでカットして〜

金具と葉山の浜で拾ってきたシェルをつけて完成〜!

ハラの葉が、イヤリングになりました♡

ハワイの植物を身につけれる幸せがあります。ラウハラでハワイに、文化に触れれます!作る時は植物にAloha を忘れずに作りましょうね。

ハワイの植物に感謝です♡

One comment on “ハワイ伝統植物、Halaハラのご紹介♡

  1. こんにちは。あやこ先生、ハラの葉のイヤリングとても素敵です。自然な物のエネルギーを沢山感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です